県内外

盛大附8強ならず 第103回全国高校野球選手権大会

 第103回全国高校野球選手権大会第12日は25日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦4試合が行われた。本県代表の盛岡大附(4年ぶり11度目)は第4試合で、滋賀県代表の近江(2年ぶり15度目)に4―7で敗れ、ベスト8進出はならなかった。【4面に関連】

 盛岡大附は3点を追う三回1死二、三塁、2番南早羽己の左越え適時打で2点を返し、1点差に詰め寄ったが、六回から八回まで毎回得点を許す苦しい展開。自慢の打線は相手を上回る15安打を放ちながらも得点機につながりを欠き、流れを引き戻せなかった。

 甲子園初登板となった先発井口敦、2番手大平一真は制球が安定せず、三回途中から緊急登板した主戦渡辺翔真も終盤に打ち込まれた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付