一関・平泉

県大会切符懸け白熱 一関地方中学新人大会開幕

一関地方中学校新人大会のバスケットボール競技で熱戦を繰り広げる選手=千厩中体育館

 第16回一関地方中学校新人大会(一関地方中体連主催)は18日、一関市内の各会場で開幕した。雨の影響で順延となった競技もあり、初日は屋内の4競技を実施。選手たちが20日までの日程で、県大会出場を目指して熱戦を繰り広げる。

 今大会は新型コロナウイルス感染防止のため原則無観客とし、選手の家族のみ人数制限を設けた上で観戦可能。運動時以外のマスク着用のほか、手洗いや消毒、家族も拍手で応援するなどの対策を徹底している。

 初日は降雨で屋外会場のソフトテニス、軟式野球、ソフトボール、サッカー各競技が順延。バスケットボールとバレーボール、卓球、バドミントンが各地の体育館などで始まった。

 同市千厩町の千厩中学校体育館などでは、男女バスケットボールの試合がスタート。選手たちは練習成果を発揮しながらコートで激しい攻防を展開していた。

 19日は全11競技を実施し、最終日の20日に4競技の決勝などが行われる。

 初日の結果は次の通り。(敬称略)

 【卓球】

 ◇男子▽団体戦(1)花泉(2)桜町(3)一関東、一関一高附

 ※花泉が県大会出場

 ◇女子▽個人戦(1)菅原菜乃春(厳美)(2)大山れい(萩荘)(3)佐藤沙映(千厩)小野寺莉里(花泉)

 ※上位2人と佐藤が県大会出場

 【バドミントン】

 ◇男子▽団体戦(1)花泉(2)大原(3)大東、川崎

 ◇女子▽団体戦(1)大東(2)一関東(3)大原、花泉

 ※男女の上位2校が県大会出場

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付