県内外

投票へ行こう 啓発動画を制作 県選管など 小松さん(一関出身)ら出演【岩手】

小松さん(前列中央)ら本県関係者が出演する衆院選啓発動画の一場面

 19日公示された衆院選(31日投開票)の投票率アップに向け、県選挙管理委員会と県明るい選挙推進協議会は、女優やモデルとして活躍する小松彩夏さん(一関市出身)ら本県関係者が出演する啓発動画を制作した。動画投稿サイト「ユーチューブ」などを通じて配信し、若年層を中心に投票を呼び掛ける。

 新型コロナウイルスの影響で接触を伴う啓発活動が困難な状況となっている中、短い動画で選挙について気軽に学んでもらおうと作った。「語ろう、学ぼう、参加しよう。私たち、投票します!」をキャッチコピーに掲げている。

 小松さんのほか、お笑いタレント村民代表南川さん(滝沢市出身)、ダンサーMinamiさん(盛岡市)、俳優横道毅さん(大船渡市出身)、劇団の演出などを手掛ける渡部明さん(奥州市)が出演。

 喫茶店のマスターや常連客が選挙にまつわる思い出や疑問について語り合うという内容になっている。

 ユーチューブの県公式チャンネルで、「選挙って何?」「はじめての選挙」「期日前投票」などの全5本(各15秒)が閲覧できる。テレビCMや、インターネット交流サイト(SNS)の広告でも放送、配信する。

 このほか、県選管では啓発用のポスターやチラシを県内の大型店舗や学校などに配布。新型コロナ対策で投票日の混雑を避けるための期日前投票や、子供に選挙の大切さを伝えることにつながる「親子連れ投票」を促している。

 県選管の佐々木英将副書記長は「動画を通じて選挙を身近に感じてもらい、気軽に投票に来てもらいたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年12月6日付
県内外
2021年12月6日付
県内外
2021年12月6日付
県内外
2021年12月6日付