奥州・金ケ崎

紫色の花幻想的に 歴史公園えさし藤原の郷 甘い香りも漂う 藤のトンネルライトアップ【奥州】

えさし藤原の郷で行われている「藤のトンネル」のライトアップ

 奥州市江刺岩谷堂字小名丸の歴史公園えさし藤原の郷で、「藤のトンネル」ライトアップが初めて行われている。フジの花が宵闇に浮かび上がり、来園者を楽しませている。

 藤のトンネルは同公園の魅力化の取り組みとして「城柵ゾーン」に整備し、2016年に完成。成長するのを待ち、20年から公開を始めた。

 ライトアップしているのは、「河崎柵」近くのあずまやの奥に37本が植えられている約80メートルのトンネル。トンネル外側からの照明で紫色の花が幻想的に照らし出され、甘い香りも漂っている。

 初日の14日は多くの人が訪れ、写真を撮ったりゆっくりと歩いたりして花をめでていた。家族と訪れた藤原悠樹君(前沢小学校4年)は「花がきれいで楽しい」と話していた。

 今後のライトアップは20~22日、午後6時30分から8時まで実施する。最終入場は7時30分。入場は高校生以上500円など通常より割安のライトアップ特別料金となる。併せて、レストランも同5~7時に特別営業する。

 問い合わせは同公園=0197(35)7791=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年6月28日付
奥州・金ケ崎
2022年6月28日付
奥州・金ケ崎
2022年6月28日付
奥州・金ケ崎
2022年6月28日付