一関・平泉

室根山 徐々に赤く 来月5日まで つつじまつり【一関】

「室根山つつじまつり」が開幕。場所によって見頃を迎えたツツジも見られる

 一関市の大東、千厩、室根3町にまたがる室根山(895メートル)で21日、「室根山つつじまつり」が開幕した。県内屈指のツツジの名所として知られ、場所によっては既に見頃の花も。山頂付近でも咲き始めており、数日から1週間ほどで盛期となりそうだ。

 室根山には約20万本のヤマツツジやレンゲツツジの群落が広がり、一斉に花が開く時期には、山頂一帯が真っ赤に染まった絶景が見物客を魅了する。

 穏やかな天候に恵まれた初日は、家族連れらが車で訪れ、散策を楽しんでいた。

 同まつりは6月5日まで。今月28、29の両日はパラグライダー愛好者が集う「室根山スカイフェスティバル」が開かれるほか、地元青年団体が喫茶・売店コーナーをきらら室根山天文台内に開設する。29日には磐井太鼓同志会による和太鼓演奏も予定されている。

 期間中の土日は渋滞が予想されることから、午前9時から午後3時まで山頂付近への車両の乗り入れを制限。望洋平キャンプ場付近から徒歩か臨時シャトルバスを利用する。問い合わせは市観光協会室根=0191(64)3806=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付