一関・平泉

レトロもそろう器やさん 梅森陶器店【一関】

美濃焼の茶わん・各300円

 梅森陶器店は家庭用、業務用、各種ギフトなどを取り扱う器の専門店。店内1階には若い世代に人気の波佐見焼などの最新シリーズが並び、現代のライフスタイルに合わせたおしゃれな食器を選ぶことができる。

 そして同店のもう一つの魅力が「梅陶レトロ」と名付けられた2階のレトロコーナー。昭和40~50年代の食器をほぼ当時の価格のまま販売し、こちらも多くの人を引き付けている。ここで販売しているのは全て未使用の在庫品。花柄のガラスコップ、ふた付きのキャンディー入れ、しょうゆ・ソースさし、ストロー入れ、寝室に置いたという冠水瓶…。「懐かしい」「かわいい」「おばあちゃんの家にあった」「これ、何に使うの?」。バラエティーに富んだ商品の数々をめぐり、全ての世代で会話が弾む。

 同店は戦後卸売業として始まり、昭和40年代に小売業に転換。当時は非効率な物流事情もあって商品を多めに仕入れる必要があったことから、この時代の商品がたくさん残っていた。コーナーを開設したのは2~3年前。今ではレトロ商品を目当てに県外から訪れる人も多い。同店3代目の梅森宏一さんは「今見るとレトロなデザインも当時は流行の最先端だった。実際に見たり触れたりして、器の良さを感じてもらえたらうれしい」と話している。

DATA
住/一関市八幡町2-5
電/0191・23・5290
営/9時~18時
休/不定

momottoメモ

【いわにちリビングun特集】
\レトロなトコロ/
初めて見るのに、懐かしいような古いけれど、新しいようなレトロに出会えるお店を紹介します

◆昭和の学校みたいなカフェ 喫茶去じゅげむ

◆レトロもそろう器やさん 梅森陶器店

◆古いものを自分流で楽しもう  古道具昭和kichi

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年7月9日付
一関・平泉
2020年7月9日付
一関・平泉
2020年7月9日付
一関・平泉
2020年7月9日付
一関・平泉
2020年7月9日付