県内外

春の高校バレー 一関修紅きょう初戦

 第71回全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)は5日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。男女各52チームが出場し、13日まで5日間の日程で熱戦を展開する。

 初日は男女の1回戦を実施。本県男子代表で2年ぶり12度目出場の一関修紅は、24年連続24度目出場の開智(和歌山)と対戦する。女子代表で5年連続24度目出場の盛岡誠桜は、2年連続2度目出場の岩美(鳥取)と顔を合わせる。

 試合は盛岡誠桜が午後0時25分、一関修紅が午後4時45分に開始予定。

momottoメモ

挑む春
全日本バレーボール高校選手権大会 一関修紅男子

 今月5日に東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する第71回全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)に、本県男子代表として一関修紅(2年ぶり12度目出場)が挑む。前回大会で出場を逃した悔しさをばねに、選手たちははい上がってきた。これまでの戦いぶりを振り返りながら、ベスト8を目指すチームを紹介する。(報道部・岩渕央、2回続き)

(上)選手に「係」、自主性強化
(下)高さ補うレシーブに精度
(番外編)IT操る“強力助っ人”専属アナリスト


◆目標はベスト8 横欠旭飛主将、鈴木翔吏副主将が決意
◆組み合わせ 修紅は開智(和歌山)と初戦
◆春高バレー県予選 修紅2年ぶりV
 盛岡南破り12度目の頂点 地力の差見せ王座奪還

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年3月25日付
県内外
2019年3月25日付
県内外
2019年3月25日付
県内外
2019年3月25日付
県内外
2019年3月25日付