女性審査員によるコンクールで好成績を収めたワイン。左から「赤沢メルロー2014」、「五月長根葡萄園 2015」、「ツヴァイゲルトレーベ2014」

 花巻市大迫町のエーデルワイン(藤舘昌弘代表取締役社長)の商品が、女性審査員による国内外のワインコンクールで相次いで入賞した。フランスで開かれた第11回フェミナリーズ世界ワインコンクールで金賞と銅賞、都内で開かれた審査会のサクラアワードで金賞を受賞。素材を生かしたバランスの良い仕上がりが女性愛好家の心をつかんだ。藤舘社長は新たなワイン市場の開拓なども見据え、「繊細で、食にこだわる女性の審査会で選んでいただいたことは意義深い。ブドウの品質と醸造技術を証明できた」と話している。

»続きを読む