土砂で倒壊した建物を想定し、被災者を救出する訓練参加者
土砂で倒壊した建物を想定し、被災者を救出する訓練参加者
総合訓練に450人参加

 東北管区警察局と県警が主催する東北管区広域緊急援助隊の2014年度総合訓練は16日、矢巾町西徳田地内の岩手医大付属病院移転用地などで始まった。初日は本県中心に東北地方から広域緊急援助隊など約450人が参加し、土砂災害を想定した被災者救出などの訓練を実施した。訓練は17日まで行われる。

» 続きを読む